株初心者のための株式投資入門サイト 株トレードコム

株初心者のためのゼロから始める株式投資入門サイト

証券会社口座開設から株式用語集まで株初心者向け情報を提供いたします
株トレードコム
株を始める前に
証券会社口座開設

資料請求

インターネット環境

サイトチェック

投資スタイル決定

申し込み書類 

パスワードと入金 

ネット証券会社比較
株主優待
おすすめ書籍
株式投資用語集
リンク集
 
 
 
 

口座開設資料請求

いよいよ株式投資の最初の一歩です。証券会社に株式投資用の口座開設のための資料請求をしましょう。

その際、以下の点をチェックしてください。

1.証券会社から資料が迅速に送られてくるか確認しよう。

資料を請求しても、なかなか届かないような証券会社は他のサービスもそれなりではないかと思います。特にネット証券会社はシステム障害などが起こる可能性がないとはいえませんので、何事にも迅速に対応してくれるサービスの良い証券会社を選んでおきたいものです。資料請求日から1週間以内に資料が届くかどうかを目安にしましょう。

2.口座開設用の資料がわかりやすいかどうか、確認しよう。

証券会社から送られてくる資料には口座開設書類の他に、売買注文方法や証券会社が提供する様々な株式情報、ウェブサイトの特徴などを株式投資に関するガイドが入っています。これをしっかり読んで、わかりやすいかどうか確認します。株式投資に関する知識もつきますので、しっかり読んでください。ガイドを読んでわかりにくい場合は、他の証券会社に変えたほうが良いかも知れません。自分に合った証券会社を探しましょう。

 

管理人おすすめの株式投資初心者向けの証券会社はE*トレード証券とマネックス証券です。
とりあえずこの2社を比べて、自分に合ったほうを選べば間違いないでしょう。

マネックス証券

1日定額手数料は比較的低めの設定。

リアルタイムの株式市場状況がわかる無料自動株価更新ボード(マーケットボードプロ)は秀逸。 最低限の情報がまとめられているため、画面は初心者でも非常に見やすく操作もしやすい。私も一番使う機会が多いシステムです。

売買注文も様々な種類の注文方法が可能。
ただ取引ごとの手数料が少し高めの設定なのが残念。

投資資金が多い人(500万円程度)はイートレード証券と併用するのが理想的。

E*トレード証券

取引ごとの手数料、1日定額手数料ともにかなり安めに設定されているため、小額資金での株式売買、株式投資初心者に向いている。

トップページでその日の株式情報が一目でわかるように工夫されており、使い勝手も良い。株式情報、株式ニュース、ランキング情報などを見やすいサイト構成になっている。

取引手数料に応じてもらえるEトレードポイントをJALのマイルなどに変換することができる。

自動株価更新ボードが無料ではない(一定の条件をみたせば無料になるが)のが難点。

 

株式投資ミニ知識

1日定額手数料と取引ごとの手数料

株式売買には手数料がかかります。この手数料は自由化されているため証券会社により手数料は様々ですが、主に1日定額手数料と取引ごとの手数料に分けることができます。

1日定額手数料とは = 1日のうちであれば、いくら株式売買しても手数料は定額システム。実際には取引の額ごとに手数料が細かく区切られている場合が多い。

マネックス証券の場合は、売買代金の合計が300万円までなら2625円。それ以降は300万円ごとに2625円追加となる。現物取引も信用取引も合計される。

Eトレード証券の場合は、300万円までは売買代金により手数料が細かく細分化されており、小額の取引に非常に便利。300万円までだと2100円、それ以降は300万円ごとに2100円追加となる。現物取引と信用取引は分けて計算されるので、現物取引、信用取引をあわせて行う場合は、マネックス証券の方がお得になる場合もある。アクティブプランという名前がついてる。

取引ごとの手数料とは = 文字通り取引のたびにかかる手数料。

マネックス証券の場合は、売買代金の0.1575%(最低手数料1575円/約定代金100万円のとき、1575円/指値の場合)と割高。

Eトレード証券の場合は、150万円まで細かく分けられている。150万円以上はいくらであっても、一律で手数料は1575円とかなりお得。

 

株トレードコム管理人HIROのネット証券会社利用法

参考までに株トレードコム管理人HIROのネット証券会社利用法を紹介します。私はマネックス証券とEトレード証券の両方に株式投資用の口座を持っています。マネックス証券は主に中・長期投資、Eトレード証券は短期投資と用途を分けて資産を管理しています。

無料で利用できる範囲内での2つの証券会社利用法は、自動株価更新ボードはマネックス証券のマーケットボードプロを使用。チャートと株式情報(株式市況、ランキング、ニュースなど)を見る場合はEトレード証券を利用しています。資金を分けているので、デイトレードも含め短期の株式売買はEトレード証券で、中長期の株式売買はマネックス証券で取引しています。

実際には、これにポイントや有料で利用できるサービスもいくつか利用していますが、上記の利用でも充分満足できる株式取引環境だと言えます。

 

その他の証券会社も特徴を一応ご紹介します。
ご自身に合うものがあれば、ご利用ください。

証券会社名 長所・特徴
丸三証券 株式売買手数料は取引ごとのみ。1日定額制はない。新規口座開設から2ヶ月間手数料無料、1日の合計約定代金20万円以下は手数料無料という株式投資初心者向けのサービスがある。株式投資を本格的に始めるかどうか迷っている人はは丸三証券で実際に試してみるのも良い。自動株価更新ボードは無料で使用できる。
オリックス証券 株式売買手数料は取引ごとと、1日定額制の2種類。1日定額制は1日の合計約定代金600万円までの設定なので、300万−600万円の場合はお得といえます。自動株価更新ボードは無料で使用できる。
カブドットコム証券 株式売買手数料は取引ごとの手数料のみで若干高め、1日定額制はない。シニア割引、株主割引などユニークなサービスがある。売買注文は様々な種類の注文方法が可能。15日間無料お試し口座制度があり、ウェブサイトから資料請求した人はウェブサイト上の情報サービスを無料試用することができる。自動株価更新ボードは無料で使用できる。株式売買の夜間取引市場が開始された。今後の夜間取引市場の成長に期待したい。
   
 資料請求は完了しましたか?
では、次へ進みましょう。 インターネット環境を整える
 
 
投資の判断は自己責任でお願いします。

無断転載・転用を禁止いたします。
(C) 2005 kabu-trade.com. All Rights Reserved